東洋株式会社 > 東洋株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却の査定は2種類!それぞれの違いや特徴を知ろう

不動産売却の査定は2種類!それぞれの違いや特徴を知ろう

≪ 前へ|不動産売却における仲介手数料!実際の内容と注意点について   記事一覧   不動産売却の流れとは?事前準備から引き渡しまでの売却フローを知ろう|次へ ≫

不動産売却の査定は2種類!それぞれの違いや特徴を知ろう

不動産売却の査定は2種類!それぞれの違いや特徴を知ろう

不動産を売却することを決めたら、まずはどのくらいで売れるのかを把握することからスタートします。
特に住み替えであれば残っている住宅ローンを完済できるのか、新居購入のためにどれだけ資金が残るのかなど、資金計画を立てるために不動産の売却価格を知ることがとても重要です。
今回は不動産売却を検討されている方に向けて、査定の種類とそれぞれの特徴をお伝えします。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却の査定の種類とは?どんな違いがあるの?

不動産売却の査定とは、「実際に売れそうな価格」を不動産会社に算出してもらうことです。
不動産会社に売却活動を依頼する媒介契約の期間が3ヶ月なので、3ヶ月以内に売れそうな価格として提示されます。
査定には机上査定と訪問査定の2種類があります。
机上査定とは、言葉の通り机上でさまざまなデータをもとに査定額を算出する方法です。
近隣で条件の近い物件の成約価格や土地の面積、間取り、築年数などが根拠となります。
一方で訪問査定とは、実際に訪問して詳しく査定する方法です。
さまざまな条件が考慮されるので、当然机上査定よりも精度も高くなります。

不動産売却の査定の種類とは?それぞれの特徴とメリット

机上査定の特徴はその気軽さで、オンラインで依頼できて数日中に回答が得られます。
訪問も必要ないのであまり時間が取れない方や売却する不動産が遠方の場合などにも利用しやすいですね。
「売却はまだ決断していないけれど、とりあえずどのくらいで売れるのか目安を知りたい」といった方におすすめの方法です。
マンションなどは近隣エリアで似たような物件の成約事例も多いので、机上査定でもある程度精度の高い査定が期待できます。
一方で注文住宅など個性が強い不動産の場合は机上査定の結果と売買価格がかけ離れてしまうことも少なくありません。
訪問査定では実際に足を運んで査定をするので、より詳しい情報が考慮されるのが特徴です。
日当たりや眺望、建物や設備の状態、近隣の環境など買主が購入を検討するときに考慮することの多い条件も加味されるので、より現実的な査定価格を知ることができます。
つまり訪問査定と机上査定はどちらかを選ぶのではなく、売却決断の前に目安を知りたいのか、本格的に不動産の売却活動を始めるために必要なのかによって使い分けられます。

まとめ

今回は不動産売却を検討されている方に向けて、査定の種類とそれぞれの特徴をお伝えしました。
不動産の査定には2種類ありますが、査定の目的によって使い分けられています。
個人では査定額の妥当性を判断できないこともあるので、事前に相場価格を調べておくことも大切です。
不動産の売却を検討中の方がいましたら、私たち東洋株式会社までお気軽にご相談ください!
お客様のご要望に誠実に対応いたします。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却における仲介手数料!実際の内容と注意点について   記事一覧   不動産売却の流れとは?事前準備から引き渡しまでの売却フローを知ろう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    東洋株式会社
    • 〒111-0042
    • 東京都台東区寿1丁目5-5
      栗原ビル 3階
    • TEL/03-6802-7820
    • FAX/03-6802-7826
    • 東京都知事 (1) 第103358号
  • QRコード
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • GOTO不動産キャンペーン

トップへ戻る