東洋株式会社 > 東洋株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入で気になる「住宅ローン審査」の基準と流れ

不動産購入で気になる「住宅ローン審査」の基準と流れ

≪ 前へ|いつ買うのが一番いいの?不動産購入に最適な時期の考え方   記事一覧   不動産購入前に知っておきたい日影規制とは?注意点もあわせて解説|次へ ≫

不動産購入で気になる「住宅ローン審査」の基準と流れ

不動産購入で気になる「住宅ローン審査」の基準と流れ

不動産購入をする多くのケースで、「住宅ローン」が活用されています。
マイホーム計画をたてているなかでも、住宅ローンの審査について気になるという方は多いのではないでしょうか。
今回は、住宅ローンの審査について、どのような流れで進めるのか、また審査の基準なども解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入で活用する「住宅ローン」の審査の流れ

最初の流れは、「事前審査」です。
この段階では、返済能力について調査され、融資はいくらくらいまで可能かなどを金融機関が判断します。
申し込みは、自分でもできますが、不動産購入したい物件の仮押さえとあわせて、不動産会社に依頼をすることも可能です。
結果がでるまでには、3、4日を見ておくとよいでしょう。
これを無事に通過したら、不動産購入の売買契約を結び、次は「本審査」を申し込む流れとなります。
この段階では、借入れする本人と物件について、金融機関がより詳細に判断するので、1週間から2週間ほどかかります。
本審査の通過後は、金融機関の窓口に赴いて、住宅ローン契約(金銭消費貸借契約)を締結する流れです。
最後に、住宅の引き渡し時にローンが実行され、不動産購入したマイホームへも入居できます。
住宅ローンの契約から、引き渡し時のローンの実行まで、2週間から1カ月ほどを要します。

不動産購入時に活用する「住宅ローン」の審査基準とは

住宅ローンで気になるのが審査基準ですよね。
多くの金融機関で考慮されているとみられる項目をご紹介します。
まず、返済にもかかわる「年収」です。
返済に十分な収入があるかにあわせて、勤続年数や勤め先から、安定性についても判断されます。
「年齢」も基準のひとつです。
というのも、住宅ローンは、借入年齢を20歳から70歳前後に設定し、あわせて完済時年齢を80歳にしているケースが多いためです。
借入期間は、最長35年が一般的です。
完済時年齢から、逆算すると、その人ごとの最長借入期間もわかります。
このようなことから、年齢も重要な判断項目とされています。
あわせて「健康状態」も大切です。
多くの場合、融資をする条件として、団体信用生命保険の加入が求められます。
団信とは、万が一、死亡をした場合など、保険金によって完済が可能となる保険です。
団信に加入できない健康状態である場合は、住宅ローンの審査も難しくなります。
また、購入する不動産については担保評価額も審査基準とされています。

まとめ

不動産購入では、数千万円もの額を融資し、長期にわたっての返済となるため、金融機関も慎重に2段構えの審査をおこないます。
各ステップで時間を必要とするので、不動産購入のスケジュールも余裕をみて予定しておきましょう。
不動産の売却を検討中の方がいましたら、私たち東洋株式会社までお気軽にご相談ください!
お客様のご要望に誠実に対応いたします。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|いつ買うのが一番いいの?不動産購入に最適な時期の考え方   記事一覧   不動産購入前に知っておきたい日影規制とは?注意点もあわせて解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    東洋株式会社
    • 〒111-0042
    • 東京都台東区寿1丁目5-5
      栗原ビル 3階
    • TEL/03-6802-7820
    • FAX/03-6802-7826
    • 東京都知事 (1) 第103358号
  • QRコード
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • GOTO不動産キャンペーン

トップへ戻る