東洋株式会社 > 東洋株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入前に知っておきたい日影規制とは?注意点もあわせて解説

不動産購入前に知っておきたい日影規制とは?注意点もあわせて解説

≪ 前へ|不動産購入で気になる「住宅ローン審査」の基準と流れ   記事一覧   不動産の購入には消費税がかかる?課税項目と非課税項目をきちんと覚えよう!|次へ ≫

不動産購入前に知っておきたい日影規制とは?注意点もあわせて解説

不動産購入前に知っておきたい日影規制とは?注意点もあわせて解説

いざマイホームを建築するとき、何でも自分の希望通りに建てられるわけではないことはご存じですか?
今回は日影規制について、不動産を購入するときの注意点も一緒に解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入時に知っておくべき!日影規制とは何のこと?

日影規制とは、建築基準法の一つとして知られている規制のこと。
冬至の日を基準に、周囲の住宅に日が当たらないことにならないよう建物の高さを制限する規制です。
日影規制は全国どこでも同じではなく、地方公共団体によって作成された建築基準法に沿って決められています。
規制の対象となるのは、用途地域や高さから決められます。
第一種低層住居専用や第二種低層住居専用の場合、軒高7m超地上3階以上が規制される建築物です。
第一種中高層住居専用、第一種住居地域などの場合、高さ10m超の建築物が規制されます。
日影規制は、「3時間、2時間、1.5m」のように表現されるのが一般的。
これは、順に敷地境界線から5~10mの範囲の日影時間、敷地境界線から10mを超える範囲の日影時間、測定した地面からの高さを表しています。
つまり、敷地境界線から5~10mの範囲は5時間まで、10mを超える部分は3時間まで日陰になってもいいというわけです。

家や土地など不動産を購入するときに気を付けたい日影規制の注意点

3階建てを建築するときには注意

軒高7mを超えると日影規制が加わるため、2階建てなら問題ありませんが、3階建て住宅を建築したい場合は注意が必要です。
高さ制限が加わるため、例えば天井の高いプランを選びたくても制限があって選べないかもしれません。

日影規制は日陰になる時間の上限

日影規制では、決められた時間以上日陰にならないようにする上限が定められているため、常に日が当たることを想定していません。
そのため、土地や家を購入するときには、周囲の環境やこれからどんな建物が建つ可能性があるかなども考慮しておくといいでしょう。

2階部分が作る日陰は規制がない

日影規制では、軒高7m以上もしくは3階以上の建物、高さ10mを超える建物が対象となります。
そのため、7m未満の建物や2階建ての建築物には規制がありません。
場所によっては、隣接する建築物によってずっと日陰になってしまう部分ができるかもしれないことも注意しましょう。

まとめ

日影規制とは、一定の高さを超える建築物を建てるとき、周囲の住宅に日が当たらないことにならないよう建築物の高さを制限する規制です。
日影規制は地方自治体によって異なりますが、土地や家を購入するときには日影規制も考慮して購入するようにしましょう。
不動産の売却を検討中の方がいましたら、私たち東洋株式会社までお気軽にご相談ください!
お客様のご要望に誠実に対応いたします。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産購入で気になる「住宅ローン審査」の基準と流れ   記事一覧   不動産の購入には消費税がかかる?課税項目と非課税項目をきちんと覚えよう!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 内部ブログ
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    東洋株式会社
    • 〒111-0042
    • 東京都台東区寿1丁目5-5
      栗原ビル 3階
    • TEL/03-6802-7820
    • FAX/03-6802-7826
    • 東京都知事 (1) 第103358号
  • QRコード
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • GOTO不動産キャンペーン

トップへ戻る